公共漏水調査

公共漏水調査

水道水の供給のためには、様々な費用(コスト)が掛かっています。その様な大切な資源である『水』を漏水により無駄に浪費しない為に早急に漏水を発見し、有収率の向上と不明水量の減少を目的としています。
弊社はその地域に合う調査工法を提案し漏水調査を行っております。

漏水調査業務

1.現場下見調査
  • 顧客との打合せ及び配管図等を基に現地状況を確認します。
現場下見
2.戸別音聴調査
  • 戸別音聴調査は各御家庭にある量水器(水道メーター)にて音聴棒を用いて音聴調査を行います。
戸別音聴調査
3.弁栓類音聴調査
  • 弁栓類音聴調査は公道上に存在する制水弁・消火栓等にて音聴棒を用いて音聴調査を行います。
弁栓類音聴調査
4.路面音聴調査
  • 漏水探知器にて路上探知を行い、漏水音を発見します。また、交通量が多い道路は夜間調査を行います。
路面音聴調査
5.確認調査
  • 発見した漏水音や異常を特定する為に、20mm程度の穴を開け、音聴棒を差し込み漏水箇所を特定します。
漏水確認
6.報告書作成
  • 調査結果をまとめ報告書を作成します。
報告書作成

管路診断業務

鉄管探知機
不明管路調査

鉄管探知器、音波探知器を使用して水道管の埋設位置を探索します。

流量
流量測定調査
添架してある水道橋や露出水道管に超音波流量計を設置し、夜間最小流量値及び流量方向を測定します。
相関式漏水調査
相関式漏水調査
漏水音が地上に伝播されていない地点で漏水の有無を診断します。
ロガ型多点相関調査
ロガ型多点相関調査
路面上で探知器が使用できない管路に対して調査を行います。複数のセンサーを設置し、データ回収・分析を行い、漏水地点を発見する事ができます。
水圧調査
水圧調査

水圧計を消火栓に設置し、水圧の変動状況を把握します。

監視型
監視型システム
音圧センサーを搭載したロガーを空気弁等へ設置、漏水音を記録していきます。継続的監視を行い、管路の維持管理がより効率的に行えます。
洗管作業
洗管作業
水道管の詰まりや汚れを取り除いて水の流れを改善し、水の品質や安全性を保つ為に行います。
空気送入調査
空気送入調査
コンプレッサーで水道管内に空気を送り漏水音を大きくすることで漏水箇所を発見しやすくします。

公共漏水調査実績

  • 岐阜県 11市12町2村
  • 愛知県 3市
  • 静岡県 1市
  • 長野県 3市1町4村
漏水調査事業に戻る
page top