1. ホーム
  2. 事業内容
  3. Q&A

事業内容

Q&A

●共通編

漏水調査ってどんな仕事ですか?
漏水調査とは、読んで字の如く『水漏れを調査する』仕事です。
具体的には、地中の埋設管で発生している漏水など水道施設での漏水箇所を調査し、特定する業務になります。
漏水箇所って
どうしてわかるのですか?
漏水が発生すると『漏水音』が生じます。その漏水音が水道管や地盤を媒体にして制水弁・消火栓・量水器・蛇口等に伝播する為、その伝播した漏水音を音聴し、漏水箇所を特定します。この調査方法は、地面を掘削せずに調査を行うことが可能です。
水漏れはどうしておきるんですか?
主に、老朽化が原因で発生する事が多いです。しかし場合によっては、
地盤沈下等予期せぬ出来事で水道管が破損し、漏水が発生することもあります。
埋設管等の老朽化が進んでいる場合には、定期的な調査をお勧めします。

●自治体ご担当者様向け

漏水調査の目的は何ですか?
水道水の供給のためには、様々な費用(コスト)が掛かっています。その様な大切な資源である『水』を漏水により無駄に浪費しない為に早急に漏水を発見し、有収率の向上と不明水量の減少を目的としています。
学校やその他公共施設でも
調査してもらえますか?
弊社は、学校施設、公民館、公園等広い敷地で専門的な技術が必要な施設の漏水調査も行っており、実績もありますのでお気軽にご相談ください。

●事業者様向け

施設(工場、店舗等)でも
調査できますか?
漏水調査は出来ます。しかし、常時水道を使用する施設に関しましては日程調整や水道使用を控えていただくなどの条件があります。極力お客様のご負担にならない様に調査を行いますので、ご相談ください。
東海・北信越以外の地方になりますが、調査してもらえますか?
事前にご連絡いただき、場所・規模を把握の上でご相談させていただければ御見積りの上、調査を行わせていただきます。
調査だけでなく
修理もしてもらえますか?
弊社では修理は行っておりません。

●個人様向け

水道使用量が最近なぜか増えているのですが、漏水しているのでしょうか?
量水器(水道メーター)が設置されていれば、家の中のすべての蛇口を閉めた状態で水道メーターのパイロット部分を確認し、回っているようでしたら漏水していると思われます。井戸ポンプも同様にすべての蛇口を閉めた状態で、ポンプが停止せず稼動する状態であれば、漏水していると思われます。
量水器(水道メーター)
図.量水器(水道メーター)のイメージ

自宅(戸建て)の漏水調査を
お願いしたいのですが、
個人でも調査依頼は可能ですか?
依頼可能です。しかし、最終的には漏水箇所の修理が必要になることから、まず最初に自治体指定工事店に状況をみていただいてからの依頼をお勧めします。詳しくはお住まいの自治体の水道局にお問い合わせください。
調査料金はどの程度かかりますか?
一度、状況を確認していただいて弊社の方へお問い合わせください。